日経ESG 1999/07号

リポート 環境経営調査
半数が経営課題として優先 リーダーの9割が役員以上
環境経営調査

日本企業の45.3%が「環境への配慮」を優先すべき経営課題と考え、57.6%が専任組織を置いている。その組織を統括するリーダーには87.5%の企業で役員以上が就任している−−。本誌の「環境経営実践度調査」からは、環境経営が企業に根づき始めたことが読み取れる。ただ、環境報告書の作成や環境会計の導入などは1割前後にとどまり、今後の課題が明確になった。(122ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:408文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:19/09/24