日経ESG 1999/07号

新製品・新サービス 自動車 アルト「Sc リーンバーン」CVT
希薄燃焼エンジンを搭載した 省エネ設計の軽自動車
アルト「Sc リーンバーン」CVT スズキ(03−5473−1601)

 希薄燃焼エンジンと無段変速機CVTを搭載し、10・15モード燃費で、1O当たり26.5kmの走行距離を実現した軽自動車。希薄燃焼エンジンは、通常よりもエンジン内に供給する混合気のガソリンを薄くして、燃費向上を目指す方式。ガソリンが薄いと、燃焼温度が下がり不安定になりやすいため、ガソリンと空気を調整し燃焼を安定させる仕組みを用意した。(147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:455文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
【記事に登場する企業】
スズキ
update:19/09/24