日経ESG 1999/07号

ブックス
蝕まれる人体
著者名/松下一成 つげ書房新社 2000円(税別)

 話題を呼んだバイアグラのスピード承認からほどなくして、経口避妊薬である低容量のピルが解禁されることとなったのは記憶に新しい。多くのマスコミもこのニュースを取り上げたが、その内容は解禁歓迎の色合いが濃く、本書が取り上げたようなピルと発ガン性の関連、さらにピルの成分に生体をかく乱する「環境ホルモン」が含まれるといった疑いについての報道は、ほとんど見受けられな…(163ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1293文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24