日経エレクトロニクス 1999/06/28号

NETs特集
「改正省エネ法」対策最前線, 二つの障害を乗り越えろ

低消費電力化技術の開発でトップを走っていたメーカが,達成すべき目標基準値をクリアできない。トップ・ランナ方式を導入した通称「省エネ法」は,こうした意外な結果をもたらす可能性がある。理由は二つある。(167〜185ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5141文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
update:18/08/07