日経ヘルスケア 1999/07号

特集1 患者数、収入の頭打ちをこう打破する プロローグ
もはや努力と工夫なしには 増患・増収は望めない
プロローグ

 患者減に悩む診療所が増える一方で、好調を持続している例や、患者数の回復に成功したケースもある。“二極分化”の時代を生き抜くには、真に実効性のある増患・増収対策が不可欠になってきた。 「97年9月の患者負担増以降、患者が集まる診療所とそうでない診療所の差が以前より顕著になってきた。手をこまぬいている診療所は徐々に苦境に追い込まれていくのではないか」。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1078文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
update:19/09/27