日経ヘルスケア 1999/07号

特集1 患者数、収入の頭打ちをこう打破する Part4
増患に直結する 診療時間の変更、リフォーム
Part 4

 通院の利便性に配慮した診療時間の変更、診療所の改装など、患者本位の運営体制、アメニティーを実現するための取り組みは好評価につながりやすい。効果を期待できる増患策の一つといえる。 診療時間の変更も、場合によっては有効な増患対策の一つになる。 仮に、現在の診療時間が主たる潜在患者層にとって通院が不便な時間帯であれば、患者数は当然伸び悩む。(19〜20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2763文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > リフォーム・修理 > リフォーム・修理
建設・不動産 > 建設・建築 > リフォーム・修理
update:19/09/27