日経ヘルスケア 1999/07号

新規開業
厳しい環境下で注目される承継開業 低コストと安定した立ち上がりが魅力

 第三者承継、つまり子息などの後継者がいない医師から診療所を引き継いで開業するケースが最近増えている。銀行の“貸し渋り”で資金調達が難しくなっているなど、開業をめぐる環境が厳しさを増していることがその理由だ。承継開業には、開業費用が安く済み、当初からある程度患者数が見込めるなど、開業のリスクを軽減できる長所がある。(43〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5903文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/09/27