日経情報ストラテジー 1999/09号

News
提案営業に向け新システム導入 商談プロセスを8段階に分類
日立建機

 油圧ショベルやトンネル掘削機などの建設用機材を製造・販売する日立建機は今年10月に、「スター・プロセス・マネジメント(SPM)」と呼ぶ営業支援システムを稼働する。 約1100人の営業担当者が活用するシステムで、顧客への訪問履歴や商談進ちょく状況を蓄積して、見込み顧客の発見から受注までの営業プロセスを効率化するのが狙い。(167ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1245文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
日立建機
update:19/09/24