日経情報ストラテジー 1999/09号

File
佐川急便、貨物追跡システムを構築 インターネットで24時間検索可能に

 佐川急便(本社京都市)は6月、顧客がインターネットを通じて貨物の所在を確認できる貨物の追跡システムを稼働させた。 これまで貨物の追跡情報は、本社と全国11カ所の支社が個別に運用する汎用機システムに、分散して蓄積していた。そのため顧客から問い合わせがあると、別の拠点に照会しなければならず時間がかかるうえに大きな手間が生じていた。(178〜179ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3018文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
佐川急便
update:19/09/24