日経ヘルスケア 1999/08号

特集1 本物の「連携」が病医院を強くする
本物の「連携」が病医院を強くする

 医療機関に機能分化の波が押し寄せている。今後は、専門的な検査、急性増悪時の入院、在宅での対応など、自院にはない機能を持つ病医院との連携が欠かせない。優れた連携先との関係づくりは、すなわち自院の医療サービスの向上に直結する。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:316文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27