日経ヘルスケア 1999/08号

特集2 ケアマネジメントの担い手はだれか Part2
市町村が握る主導権の行方
Part2

 今年10月から始まる要介護認定の訪問調査は、利用者が介護保険を利用する際の“入り口”部分に当たる。市町村がこの訪問調査をどんな体制で実施するか、さらには居宅介護支援に関与するのか否か、などの点が地域におけるケアマネジメントのあり方を左右する要因になる。各市町村の現状をみてみると、行政主導型と民間主導型に大別することができそうだ。(28〜30ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4669文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27