日経ヘルスケア 1999/08号

病院
未払い医療費の回収策の決め手は?
患家訪問に加え裁判所の民事手続きも

 患者が医療費の一部負担金を支払わないことによって生じる未収金は、医療機関にとって頭の痛い問題だ。病院の中には、電話や文書で督促を行うなど、回収に向けた手段を講じているところも多い。だが、それだけでは必ずしも満足の行く結果が得られていないのが実情だ。督促を行っても依然として支払わないケースにどのように対処すべきか、そのノウハウをまとめた。(44〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4011文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
update:19/09/27