日経ヘルスケア 1999/08号

情報パック これいかが
人工肛門利用者が使いやすいトイレ 汚物用流しや荷物棚などを設置

 人工肛門や人工膀胱の利用者(オストメイト)が、外出先で排せつ物の処理をするのは大変だ。 腹部に付けている袋(パウチ)にたまった汚物を便器に捨てる必要があるが、通常のトイレでは、便器の高さが低く、無理な姿勢で行わなければならないからだ。また、処理の際に手が汚れても便器のそばに手洗いがないため、すぐに洗浄できないなど、不便な点が多かった。(114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:740文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 住宅・商業建築・オフィス設備
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・商業建築・オフィス設備
【記事に登場する企業】
TOTO
update:19/09/27