日経情報ストラテジー 1999/11号

特集1 必勝!2000年度予算「投資効果」の新常 各論
机上で“効果”を追うな 情報化は不公平でいい

 「人の行動の議論を無視して定量的な効果を予測しても意味がない」。これが今後 の情報化に臨むうえでの1つ目の常識だ。 効果など無視して片っ端から情報化を進めよと言っているわけではない。情報化は業務改革の一環として進めるべきであり、そこから表層的な情報システムの構築だけを切り出しても意味はないのだ。(25〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5972文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
政治・経済・社会 > 国内財政 > その他(国内財政)
update:19/09/24