日経情報ストラテジー 1999/11号

特集2 行革アレルギー撃退法 各論
何がどう変わるかを 根気よく伝える
STEP1変化に気づく STEP2変化を理解する STEP3変化を受け入れる

 業務改革や情報化プロジェクトが発足したら、プロジェクトが始まることとその狙いを素早く社内に知らせることが、チェンジ・マネジメントの第1ステップになる。 例えば、アラガンは97年12月に独SAPのERPパッケージR/3による業務システムの全面的な再構築プロジェクトをスタートすると同時に、早速チェンジ・マネジメントに向けたプログラムを実践した。(40〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6952文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 業革アレルギー撃退法(36〜39ページ掲載)
業革アレルギー撃退法
特集2 行革アレルギー撃退法 各論(40〜45ページ掲載)
何がどう変わるかを 根気よく伝える
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
【記事に登場する企業】
欧州SAP
update:19/09/24