日経情報ストラテジー 1999/11号

丸田芳郎氏直伝・経営情報化の極意
理想的な経営求め 情報の平等化説く
連載●第5回

 丸田芳郎氏は19年間、花王の社長を務めた。世界の巨大企業であるプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の日本上陸、ダイエーとの10年戦争、販社制度の導入など幾多の困難に直面した時期に就任し、それらを見事にやり遂げた。そして花王を名実ともに世界的企業にまで躍進させた後世に残る人物である。 前任の伊藤英三社長が急死され、丸田氏は経営のなんたるかに悩み続けた。(232〜233ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2602文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
花王
ダイエー
update:19/09/24