日経ESG 1999/12号

トレンド・アンド・ニュース 環境税制
環境保全投資に対する減税措置 来年度の実現は絶望的?
環境税制

 環境会計を導入し、公表した企業に対して、環境投資への税額控除や特別償却を認める——。 今年8月、来年度の税制改正要望として、環境庁が打ち出した政策の実現が早くも危ぶまれている。来年度予算案の調整が大詰めを迎えるなか、「議論の俎上から消えてしまい、年末にまとまる来年度予算案には盛り込まれないだろう」と、政府関係者は話す。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:846文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:19/09/24