日経ESG 1999/12号

新製品・新サービス 住宅 サンネスト
外壁材などで断熱性を高め 内装は化学物質減らした住宅
住宅 サンネスト ナショナル住宅産業 (06−6834−1955)

 断熱性の高い外装材や、複層ガラスのサッシなどを採用し、省エネ性を高めた住宅。 内装は、化学物質の削減などに配慮した。内装仕上げ材には、湿度を調節する効果の高い、特殊なけい藻土を配合した建材を使用。壁面に張るクロスは、紙を主原料にし、有機溶剤の使用を廃止した。 外装材は、汚れにくく耐久性のあるセラミック素材などを多層化した構造。気密性を向上している。(116ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:422文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
【記事に登場する企業】
ナショナル住宅産業
update:19/09/24