日経ESG 1999/12号

新製品・新サービス 設備 UF200フロン分解装置
高温処理で各種フロンを 無害化する分解装置
設備 UF200フロン分解装置 三菱重工業 (052−504−9823)

 オゾン層の破壊や地球温暖化につながると問題になっているフロンを超高温に加熱して無害化する処理装置。 フロンに水蒸気を加えたものに、マイクロ波を当てて6000℃以上に熱し、フッ化水素と塩化水素に分解する。 フロン「R12」の場合で1時間当たり2kgを処理する能力があり、投入したフロンを99.99%まで分解できるという。処理コストはR12の場合で1kg当たり150円程度。(117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:443文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
【記事に登場する企業】
三菱重工業
update:19/09/24