日経デジタル・エンジニアリング 1999/12号

ニュースレポート
HZS,IronCAD次期版の強化点明らかに
異なるカーネルの連携でモデリングの幅を広げる

 日立造船情報システム(HZS,本社東京)は,ミッドレンジ3次元CAD「IronCAD」(米Visonary Design Systems社)の次期版(Ver.3.1)における機能強化点を明らかにした。以前から発表していたように,従来から搭載していたソリッド・モデリング・カーネル「ACIS」(米Spatial Technology社)に加え,「Parasolid」〔米Unigraphics Solutions(UGS)社〕を搭載。(33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1098文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
NTTデータエンジニアリングシステムズ
米スペイシャル社
update:19/09/26