日経デジタル・エンジニアリング 1999/12号

ニュースレポート
アデプト,シミュレータにDACを統合
組み立て性を点数で評価しモデル形状を検討

 米Adept Technology社のSILMA事業部は,製品の組み立て/分解性の検討,公差解析を行うシミュレータ「PILOT Yield」に,組み立て/分解性評価ソフトを統合した。統合したのはソニーが開発した「DAC(Design for Assembly/Disassembly Cost−effectiveness)」。実際にはPILOT Yieldに「3D DAC」と言うモジュールとして統合される。(37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1291文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
AJI
ソニー
update:19/09/26