日経デジタル・エンジニアリング 1999/12号

ニュースレポート
Oracle ApplicationsにAPS機能搭載
異なるタイムバケットを一度に計算し,スケジューリングを高速化

 米Oracleは,同社のERP「Enterprise Resource Planning(統合基幹業務)」パッケージ「Oracle Applications」の次期バージョンに向け,APS(Advanced Planning  and Schduling)モジュールを開発している。APSは,工程能力などを制約条件として詳細な日程計画を作成するほか,納期回答などを行うための機能。(41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1291文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米オラクル社
update:19/09/26