日経デジタル・エンジニアリング 1999/12号

ユーザーレポート 日程のずれ
各工程の負荷を管理し 受注生産品を効率良く生産
日程のずれを柔軟に変更する

 ユーザーからの納期短縮の要求は厳しくなるばかり。受注生産品とて例外ではない。ユーザーはできるだけ早く,しかもできるだけ安く,製品の納入を希望する。 要求に応えるためには,日程を厳密に管理する必要がある。短納期を実現するためには,業務のコンカレント化が要求される。また,低コスト化を推進するためには,自社の生産設備を最大限に活用しなくてはならない。(70〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4357文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/26