日経ものづくり 2000/01号

勘どころ
低コストでニアネットシェイプ加工
[冷間鍛造技術]

主に自動車部品の成形の歴史をたどりながら,プレス機械メーカーに解説してもらった。(本誌) 高精度の冷間鍛造は1935年,ドイツにおけるボンデ潤滑*の発明から始まり,自動車部品の分野で大きく花開いた。近年では板金成形との複合化により,電子部品を含む幅広い分野で活用されている。 図1に各種の冷間鍛造品を示す。(86〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5319文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/26