日経コンピュータ 2000/01/17号

ユーザーケース
山武 部品調達用EDIを刷新 Web経由での情報提供も可能に

 プラント・制御機器メーカーの山武は,2000年3月をメドに部品調達用の新しいEDI(電子データ交換)システムを本格稼働させる。多数の部品メーカーと発注情報を電子的にやり取りすることで,伝票処理などの手間やコストを削減する。2000年3月の時点で電子部品メーカーなど50〜60社を対象にスタートし,順次拡大していく。(29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:807文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 調達・購買システム > その他(調達・購買システム)*
【記事に登場する企業】
アズビル
NEC
update:19/09/24