日経コンピュータ 2000/01/17号

フォーカス
加速する「電子政府」への取り組み
政府内・対企業・対国民の情報伝達を電子化

政府の行政手続きを電子化する「電子政府」への取り組みが加速しつつある。1999年12月,行政文書のペーパーレス化や政府調達手続きの電子化について,実施方針やスケジュールが発表された。小渕恵三首相は電子政府の推進を,2000年度の重要政策の一つに位置付けている。電子政府関連の総投資額は,2003年度末までに1兆円に達するとみられる。(32〜36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5241文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
【記事に登場する企業】
日本政府
update:19/09/24