日経コンピュータ 2000/01/17号

特集 情報技術の過去と未来 xAA(アプリケーション体系)
オープン化の流れに逆行して沈没 最新体系は同じ轍を踏まず
xAA(アプリケーション体系)

 メインフレーム時代からオープン・システム時代への移行を象徴する出来事と言えるのが,IBMの「SAA(システム・アプリケーション・アーキテクチャ)」を代表とするコンピュータ・メーカー各社のアプリケーション体系「xAA」の失敗である。異なるOSに相似形の環境を提供 IBMがSAAを発表したのは1987年4月(図3)。(118〜119ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2329文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
NEC
日立製作所
富士通
update:19/09/24