日経コンピュータ 2000/01/17号

特集 情報技術の過去と未来 SIS(戦略情報システム)
基本的な考え方も定着せず空騒ぎに 最新コンセプトは拡大解釈すると落とし穴
SIS(戦略情報システム)

 1980年代後半を華々しく飾ったブームに,「SIS(戦略情報システム)注24)」があった。 本誌がSISを初めて正面から取り上げた特集記事「企業の死活を握る戦略的情報システムへ挑戦始まる」(1987年10月26日号)が,実質的なSISブームの皮切りになった(図9)。ピークを迎えた1989〜90年には,SISという言葉がテレビのCMで使われ,一般の新聞や雑誌にもSISの文字が踊った。(126〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2482文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24