日経コンピュータ 2000/01/17号

特集 情報技術の過去と未来 グループウエア
電子メールの波に乗って急浮上 勤務形態の変化がモバイルに追い風
グループウエア

 1990年代後半のインターネットの普及を追い風にして最も成功したソフトウエアは「グループウエア」である(図16)。いまやグループウエアは,企業内の情報インフラを支える定番ソフトの座を獲得したと言える注42)。 だが,グループウエアが現在のような成功を収めるまでには長い道のりがあった。グループウエアという言葉が最初に話題になったのは1988年。(134〜135ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2454文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > グループウエア*
update:19/09/24