日経マイクロデバイス 2000/02号

インタビュー
「2001年に20%のシェア狙う」
DRAM事業の勝ち残り戦略

「2001年に20%の市場シェアを獲得し,世界トップ・クラスのDRAMメーカーになる」。NECと日立製作所が1999年12月に設立したDRAM合弁会社であるNEC日立メモリの社長を務める徳山賢二氏は,新会社の抱負をこのように語る。同社は国内唯一のDRAM専業メーカーとして,海外メーカーに対して真正面から立ち向かえる可能性を持つ。徳山氏に今後のDRAM事業の勝ち残り戦略を聞いた。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2877文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > メモリー
【記事に登場する企業】
NEC
日立製作所
update:19/09/26