日経コンピュータ 2000/02/14号

実践!ITマネジメント
本業の強みを軽視した新戦略は危険 インターネット・ビジネスの落とし穴

「インターネット・ビジネスをやるべきか否か。やるとすれば,どのようにすべきか」。さまざまなシナリオが企画担当者の頭の中で交錯する。ユーザー企業4社の実例を基に,この問いに対する回答を出すまでの過程を紹介する。基本は,インターネットを使って本業にどう貢献できるかを考え抜くことだ。本業を軽視すると,思わぬ落とし穴が待っている。(204〜207ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5453文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24