日経コンピュータ 2000/02/14号

BOOKS
知識経営のすすめ ナレッジマネジメントと その時代

 ナレッジ・マネジメント(KM)の第一人者らが,平易かつ無駄のない文章で,KMの必然性を説いた。要所要所で,「CKO(知識統括役員)を置くべきか」,「情報システムとの関係をどう考えたらいいのか」といった,KM推進者が抱きやすい疑問に答える形で論を進めている。 現在,企業が進めているKMの多くは,過去の成功例の再利用といった,既存業務の効率化を狙ったものである。(275ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:399文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントシステム*
【記事に登場する企業】
筑摩書房
update:19/09/24