日経マイクロデバイス 2000/03号

特集 Part2
バランス重視とコスト重視へ デバイス技術の分化が鮮明に
信頼性,スピードなど5項目で顕著

低コスト化,高信頼性化,高速化などの技術項目に対する要求や考え方がハッキリと分かれる。この代表例として,米インテル社(Intel Corp.)のNOR型セル技術と,東芝のNAND型セル技術を取り上げた。 フラッシュ・メモリーのデバイス技術は,2系統に分化する方向が鮮明になってきた。(72〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3407文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/26