日経マイクロデバイス 2000/03号

専門特集 カコミ
モノ作りで勝負,エプソンが 新研究開発拠点を設立

 日本の半導体および液晶のデバイス・メーカーとして久しぶりに明るい話題だ。業績の低迷続きから大方がリストラクチュアリングに追われる中,セイコーエプソンは21世紀を見すえた環境適応型の半導体および液晶ディスプレイなどの電子デバイスおよびその生産プロセスの新研究開発拠点の設立へ動き始めた。2000年9月の完成に向けて建設が進んでいる(図A)。(120ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:454文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
セイコーエプソン
update:19/09/26