日経エレクトロニクス 2000/03/13号

NETs連載講座 Bluetoothを知り,機器開発に活か
Bluetoothを知り,機器開発に活かす●第10回
RFトランシーバICの選択 利用環境の考慮も忘れずに

 今回は,RF(高周波)トランシーバICを解説する最終回である。RFトランシーバ回路だけでなくベースバンド信号処理回路も1チップに集積している英Cambridge Silicon Radio Ltd.の「BlueCore01」について解説する。Bluetoothインタフェースを実現するうえで必要となる大部分の回路を集積しているため,機器メーカは小型化・低価格化しやすい(図1)。(196〜198ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2218文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > 無線LAN製品
通信・ネットワーク・放送 > 無線LAN > 無線LAN製品
【記事に登場する企業】
英ケンブリッジ・シリコン・ラジオ社(CSR)
update:19/09/26