日経メディカル 2000/04号

トレンドビュー
生活習慣病リスクを遺伝子検査で予測 フォロー体制などの環境整備に課題

 癌や高血圧など生活習慣病の発症リスクを,遺伝子検査で予測する。こんな検診ビジネスが,既に始まっている。リスクがわかれば,より効果的な指導が可能になる。だが検査項目のしかるべき評価が確立しておらず,カウンセリング体制の不備を指摘する声もある。 「親族に癌が多いので,自分も発症しやすい体質かどうか知りたい」—。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2472文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
医療・バイオ > バイオ技術 > 遺伝子・細胞
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/27