日経メディカル 2000/04号

特集
これが過誤訴訟の求める 新「医療水準」

 医療過誤訴訟における「医療水準」とは,医療側に損害賠償責任があるかどうかを裁判所が判断する尺度である。近年,この尺度に対する考え方が著しく変わってきた。「水準」は,一般の医療慣行とは必ずしも一致せず,「全国一律」とのそれまでの判例も否定された。さらに,転医義務の厳格化ももたらしている。(50〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8378文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27