日経メディカル 2000/04号

医学界トピックス
風疹ウイルスの胎児感染率激減ワクチン普及後の流行減に相関

 風疹ウイルスに感染した妊婦から胎児へウイルスが移行する胎児感染の割合が,94年以降,0〜20%と著しく低下していることが,国立感染症研究所ウイルス製剤部の加藤茂孝氏の調べで初めて明らかになった。胎児感染率の低下傾向は,ワクチンの普及による風疹患者数の減少と時期的に相関しており,「流行規模の縮小に伴い,胎児感染にかかわるウイルスの病原性が低下しているのではないか…(17〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:817文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
【記事に登場する企業】
国立感染症研究所
update:19/09/27