日経マイクロデバイス 2000/05号

特集
「使えないIP」との決別

電子回路の機能ブロックであるIP(intellectual property)の普及を妨げてきた最大のボトルネックが解消する。システムLSIの設計期間を極限まで短縮するために,革新的なIP利用環境が相次いで登場してきたからである。こうしたIP利用環境は,期待通りに利用が進まなかったIPの使用状況を一変させる。これで「使えないIP」と決別できる。(61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:791文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/26