日経マイクロデバイス 2000/05号

専門特集
高画質化に突き進む 大型液晶テレビ
信号処理技術とパネル技術が支える

 大型液晶テレビを事業化したメーカーが,高画質化を追求する方向に動き始めた(図1)。先行メーカーが1999年に市場立ち上げに挑み,液晶テレビの認知度を高めた結果,画質に対する消費者の要求が高くなってきたからである。各社はこれまでのパネル技術を中心にした高画質化に加えて,積極的に信号処理技術を駆使する方向に動き出した。(110〜117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6782文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > 液晶ディスプレイ技術
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > テレビ*
update:19/09/26