日経ビジネス 2000/05/22号

特集 ヒット商品孵化法 起こし・第1章
ヒット商品孵化法
アイデアを集め育てる3カ条

どんなに優れた発明や事業も、知のパラダイムを一変させた革命的な学説も、もとは1人の人間の思いつきから生まれた。エジソンの電話機しかり、小林一三・阪急電鉄創業者のレジャーランドを核とした地域総合開発事業しかり、アインシュタインの相対性理論しかり…。それは今も変わらない。それどころか、デフレ経済のもとでは優れたアイデアの発掘・育成こそ、生き残りのカギとなる。(26〜28ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3282文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
阪急阪神ホールディングス
update:19/09/24