日経ビジネス 2000/05/22号

技術&イノベーション
次世代型ごみ焼却炉
完全燃焼でダイオキシンや灰を大幅減

 人類が作り出した最強の猛毒物質、ダイオキシン。食物などを通じてごく微量でも体内に摂取されると、生殖障害を引き起こす内分泌撹乱化学物質、いわゆる環境ホルモンの1つとしても知られる。住民による「公害調停」の申請に発展した大阪府能勢町のごみ焼却施設のダイオキシン汚染や、ニュース番組に端を発した埼玉県所沢市の「農産物騒動」はまだ記憶に新しい。(52〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5031文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
update:19/09/24