日経エレクトロニクス 2000/06/19号

特集 特許で闘う
国内だって 訴訟を辞さず
キヤノン 対 東洋インキ製造 国内大手同士の争い

 キヤノンは,ここ数年の米国特許出願件数では常に上位にランクされてきた。1999年度の特許収入は実に157億7000万円に達する。特許で確実に成果を上げてきた同社は,「技術報告書を書くより,まずは特許を書け」を合言葉に特許重視の戦略を進めている。特許に対する同社の考え方には,多くの国内メーカが一目置いているといっても過言ではない。(160〜161ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2439文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
キヤノン
東洋インキSCホールディングス
update:19/09/26