日経エレクトロニクス 2000/06/19号

開発ストーリ ロボット AIBOの開発(第3回)
どうだ, やってみないか
AIBOの開発(第3回)

 1994年4月。「ペット型ロボット」の開発プロジェクトが,ついに産声を上げた(表1)。部員は,画像処理認識の研究者である景山浩二氏と,人工知能の研究者である藤田雅博氏をはじめとした数名である(図1)。 推進役の土井利忠氏にとってはねらい通りの展開だったが,部員の多くはまだ,将来に確信を持つには至っていなかった。「本当に,ロボットの商品化が可能なのだろうか。(189〜193ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4536文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > その他デジタル玩具 > ロボット(玩具)
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > ロボット(玩具)
update:19/09/26