日経エレクトロニクス 2000/06/19号

技術速報
SMK,0.2mmピッチのFPCコネクタを開発 技術展で有機ELパネルや電力線ネットワーク装置なども展示

 SMKは,0.2mmピッチのFPC(フレキシブル・プリント配線基板)コネクタを開発し,2000年6月7日〜9日に開催したSMK技術展で展示した。FPCコネクタのピッチは,これまで0.3mmピッチが業界最小寸法だったという。 開発したコネクタの極数は100。コンタクト部(FPCと接触するコネクタの導通部)は,0.4mmピッチで50個ずつ,2列に配列する構成にした。(27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:658文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > EL技術
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 伝送規格全般
【記事に登場する企業】
SMK
update:19/09/26