日経バイト 2000/09号

特集 リモート・アクセスを見直す OS標準機能を利用
手軽に構築できるWin NT/2000 Linuxはコールバックに難あり
OS標準機能を利用

 同時にアクセスするユーザが1〜4人程度の場合,OSが備える機能を使ってRASを構築するのが最も手軽な方法である。すでにWindows NT/2000やLinuxサーバが稼働しているならば,モデムやTAを追加するだけでRASを利用できる。モデム/TAは外付け型でも内蔵型でも構わない。(64〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11465文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーOS > Linuxサーバー
update:19/09/25