日経バイト 2000/09号

連載 Linuxビジネスソリューション 最終回
リアルタイムにネットワークへ バックアップするシステムを作る

これまでRAIDシステムやフェールオーバへの対応など,Linuxシステムを安定化させるさまざまな手法について解説してきた。今回はネットワーク・ブロック・デバイスを応用して,リモート・コンピュータのディスクにリアルタイムにバックアップを作成するシステムを作る。これにより,メール・サーバのようなデータ更新の多いサーバでもフェールオーバが可能になる。(104〜109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10964文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > バックアップ・リカバリ
情報システム > ストレージシステム・ソフト > バックアップ・リカバリ
update:19/09/25