日経エレクトロニクス 2000/08/28号

技術速報
NTTドコモ,Java携帯電話向けのセキュリティ内容を明らかに 特定メモリ領域へのアクセスを限定するなどでウイルス対策

 NTTドコモが2000年末に発売を予定する,Java対応携帯電話機「デジタル・ムーバ503i HYPERシリーズ」のセキュリティ対策が明らかになった。Java対応の携帯電話機は,新しいソフトウエアをダウンロードできるメリットがあるものの,不正なJavaアプレット(Java言語で記述されたプログラム)が携帯電話機のメモリ内容を書き換えたり,消去してしまう恐れがある。(26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:607文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > メモリー
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
update:19/09/26