日経メディカル 2000/09号

シンポジウム 胸痛を見分ける 呼吸器疾患
胸痛を見分ける ●呼吸器疾患●
気胸や胸膜炎,肺塞栓症など 緊急性高い疾患を鑑別診断西川  正憲(藤沢市民病院呼吸器科医長)

 胸痛は,胸壁や胸腔内臓器において様々な原因・病態で生じる。このため,心血管系,呼吸器系,消化器系,胸壁疾患など多くの疾患を鑑別する必要がある。さらに,胸腔内では複数の臓器が隣接し,神経支配も一様ではないので,胸痛の部位や性質だけでは疾患を特定し難いと思われがちである。(111〜114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4261文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27