日経メディカル 2000/09号

メディカルコンピューター
パソコンで正しく色を表現する カラー補正の基礎知識

 高解像度のデジタルカメラや写真と見間違うほど鮮やかな印刷が可能なカラープリンターが普及し,一般的なパソコン環境で高品質なカラー画像を扱えるようになってきた。 これらの機器を組み合わせると,わずかな追加出費でデジタル方式の自家現像・引き伸ばしシステムを構築できる。高度な医用画像の処理には向かないが,患者指導用などには十分活用可能だ。(189〜190ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1603文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27